日本養液栽培研究会|Hydroponic Society of Japan

第87回日本養液栽培研究会・東京大会・2020年度総会 特別講習会・見学会

主催:日本養液栽培研究会  後援:東京都農林総合研究センター

研究会テーマ:「都市型農業における養液栽培と植物工場の役割」

 養液栽培や植物工場には,農地周辺の都市化がもたらす問題の解決につながるという期待や,都市部での農業生産を可能にするという期待が持たれています.今回の日本養液栽培研究会東京大会は東京都農林総合研究センターで開催し,都市における農業生産と,それに果たす養液栽培や植物工場の役割について考えたいと思います.
 同日の午前中には,東京都農林総合研究センターの見学会,養液栽培や環境制御の基礎についての特別講習会も予定しています.大勢のご参加をお待ちしております.なお,発表課題や発表者などの詳細は,決定次第,順次,掲載しますので,そちらをご確認ください.

見学会の申込書をダウンロード PDF|Word

開催期日

令和2年 5月29日(金)

研究会会場

東京都農林総合研究センター(詳細はこちら)

参加費

会員の方 3,000円 会員以外の方 5,000円

午前中の見学会または特別講習会の参加費は無料です.ただし,必ず午後の研究会に必ず参加してください.
参加費は見学会または特別講習会受付時にお支払いいただきます.

※ 総会は会員の方のみ参加できます.

参加方法

見学会(定員 50名)
裏面の申し込み用紙に必要事項を記入の上,事務局へFAXしてください.または同様の内容を記載したメールをお送りください.
申し込み締め切り:5月15日(金)
特別講習会(定員100名)
事前申し込みは不要です.
研究会(定員100名)
事前申し込みは不要です.

※いずれも定員に達した時点で受付を終了します.あらかじめご了承ください.

日程・内容(ⅠとⅡは同時刻の開催です.両方には参加できませんのでご注意ください)

Ⅰ見学会 10:30~11:45
Ⅱ特別講習会 10:30~11:45
①「施設園芸における環境制御の基礎」
②「養液栽培における培養液管理の基礎」
Ⅲ総会 12:10~13:30
Ⅳ研究会 13:40~17:00
人工光型植物工場の立ち上げから軌道に乗るまでについてや,東京都農林総合研究センターの成果のほか,太陽光型植物工場,都市型園芸などについて,計4課題程度を予定しています.

※ⅠとⅡは10時頃に受付を開始します.

研究会会場

東京都農林総合研究センター
東京都立川市富士見町3-8-1(JR青梅線「西立川」駅南口徒歩7分)
ホームページ:https://www.tokyo-aff.or.jp/site/center/
※公共交通機関を利用してご来場ください.

※午前の見学会,講習会に参加される方は,総会までの休み時間が短いので,前もって昼食をご準備ください.

問い合わせ先

日本養液栽培研究会 東京大会事務局
千葉大学環境健康フィールド科学センター 塚越 覚
お問い合わせはメールかFAXでお願いします.
(メール:tsukag[at]faculty.chiba-u.jp,FAX:04-7137-8008)

このウィンドウを閉じる